Brain Cancer

 拙稿の中で英語の「Brain Cancer」を「脳癌(がん)」と訳した。オンラインの英和辞書で一応チェックした、上でのことだが。  ところが、編集者から「日本語では脳癌とは言わずに脳腫瘍と言います」と赤点をつけられてしまった。  確かに、「胃癌」「肺癌」「乳癌」とは聞くが、「脳癌」とはあまり聞かない。口に出しても違和感がある。  NHK衛星テレビやオンライン、送られてくる雑誌の最新号で〈日本のことは何でも知っている〉といきがってきたつもりだが、24時間日本語が飛び交っているわが同胞の住む社会から四半世紀離れていると、こういうことはしばしばある。  で、「脳癌」のことだが、留学後アメリカに居残った日本人の医学博士が素人にも分かりやすくこう説明してくれた。  「脳癌といっても通用はするんでしょうが、専門的にいえば、癌は上皮組織に発生する悪性の腫瘍(しゅよう)のこと。脳の組織は上皮組織ではないので、正確にいうと、肉腫というのが正解ですね」  そもそも「腫瘍」とはなにか。漢字の「腫」も「瘍」も義務教育では学ばない。馴染みがなく、意味の類推が難しい。くだんの医学博士氏は補足説明してくれた。  「腫は『はれる』。瘍は『できもの』のこと。腫瘍は『はれたできもの』ということ。つまり細胞が異常に増えて塊りになったものを腫瘍といいます。これには良性のものと悪性のものとがある。悪性腫瘍のことを癌ともいう。悪性のものは周囲を壊しながら広がったり、離れたところに飛び移る。治療が必要なのはこの悪性腫瘍(Malignancy)なんです」  「腫瘍と癌とは同じものだ」と答えたものは22・6%、「良性の腫瘍でもやがて癌になる」と答えたものは20・5%。つまり5人に1人は過度な不安につながる誤解をしているという世論調査結果もある。  編集者の指摘のおかげで「Brain Camcer」についていくらか勉強させてもらった。既にこの程度のことはご存知の諸兄姉から〈何をいまさら〉と笑われるかもしないが…。【高濱 賛】  11月29日付本コラムの「安美錦の金星4つ」は「8つ」の誤りでした。

#脳腫瘍 #日本語 #編集者 #日本 #肺癌 #乳癌 #脳癌 #NHK #テレビ #安美錦 #高濱賛 #胃癌 #オンライン #腫瘍 #アメリカ #留学

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

The Rafu Shimpo has been the nation's leading Japanese American newspaper since its original publication. We are proud to have served the Japanese American community from our Little Tokyo office in Downtown Los Angeles since 1903.

© 2020 by RAFU SHIMPO

Follow Us

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon