Brain Cancer

 拙稿の中で英語の「Brain Cancer」を「脳癌(がん)」と訳した。オンラインの英和辞書で一応チェックした、上でのことだが。  ところが、編集者から「日本語では脳癌とは言わずに脳腫瘍と言います」と赤点をつけられてしまった。  確かに、「胃癌」「肺癌」「乳癌」とは聞くが、「脳癌」とはあまり聞かない。口に出しても違和感がある。  NHK衛星テレビやオンライン、送られてくる雑誌の最新号で〈日本のことは何でも知っている〉といきがってきたつもりだが、24時間日本語が飛び交っているわが同胞の住む社会から四半世紀離れていると、こういうことはしばしばある。  で、「脳癌」のことだが、留学後アメリカに居残った日本人の医学博士が素人にも分かりやすくこう説明してくれた。  「脳癌といっても通用はするんでしょうが、専門的にいえば、癌は上皮組織に発生する悪性の腫瘍(しゅよう)のこと。脳の組織は上皮組織ではないので、正確にいうと、肉腫というのが正解ですね」  そもそも「腫瘍」とはなにか。漢字の「腫」も「瘍」も義務教育では学ばない。馴染みがなく、意味の類推が難し