top of page

AIと人間

 AI(Artificial Intelligence =人工知能)の進化は目覚ましく、知らぬ間に家電やロボット、車のほか多方面で活用されているようだ。  先日、トヨタ自動車が自動運転EVの試作車を紹介していた。箱型の少しユーモラスな外観の「イーパレット」は2020年東京オリンピックで移動サービスを提供する予定だとか。20人の立ち乗りが可能で、外国人アスリートたちが立ったまま会場間を運ばれる図を想像すると、何だか面白くなる。  未来の車は人工知能が運転者の感情を読みとり、疲れていると判断すれば、お気に入りのカフェへ寄り道を提案したり、また車を使用していないときは無人タクシーとして出稼ぎにも行くのだとか。  そんなことまでクルマにしてもらおうとは思わないが、このアメリカで交通手段に難儀している身としては多いに関心のあるところで、将来、自動運転車が販売されたら、少々高くても欲しいと思ったりする。一人乗り車を造ってくれたら、コストも半減するかもしれないし、運転免許を返納させられたシニアもこれには飛びつくかもしれない。でも間に合わないだろうなー。ちょっと気になるのが運転免許証の名義。車の持ち主は運転しないのだから無免許でいいの? もし、事故を起こしたら、誰が賠責者になるのだろうか?  今後、AI開発のテーマになっているのが、AIとロボットに倫理を埋め込む研究だとか。一昨年3月、マイクロソフトが開発したおしゃべりロボット「Tay(テイ)」は、ツイッターなどのSNS上でユーザーとツイートする中で新しい言葉や会話を学習しながら発達させようと試みたAIだが、不適切な受け答えを教え込まれた結果、差別発言を繰り返し、ヒトラーを称賛するようになり、16時間後には公開停止に至ったという。ロボットだから停止すればそれで決着がついたのだろうが、人間はそうはいかない。幼児からスマホを持たせる現代社会を思えば、ちょっと怖い話である。  AIは軍事面でも使用されているのだろうが、兵器の誤作動などないよう願いたいものだ。  とはいえ「核のボタンは私の机に上にある」と豪語する人間の方が手に負えないのかもしれないが。【中島千絵】

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Comments


bottom of page