top of page

メンタルヘルス月間

 リトル東京はスキッドロウに隣接しているのでホームレスをよく見かける。うろつきながら大声を上げている様子を見ていると、ほとんどの場合怒りからくる叫びのようだが、時には嬉しそうに気勢を上げてたり、独り言をささやいている人もいる。誰に話しているのだろうかと思っていたが、ほとんどの場合、彼らの脳内の声、幻聴に応えていると知り、納得するとともに驚いた。  ひと昔前には「ノイローゼ」とひとくくりに呼ばれていたが、ストレスや心配ごとによる神経症、パニック障害や鬱(うつ)など環境に起因しやすいものから、統合失調症、双極性障害など比較的遺伝によって世代間で継承されることの多い精神障害がある。ここで書いているのは当然ながら知的障害とは違う、脳内分泌のアンバランスによる精神的障害だ。  知的障害者のIQが通常の人より低いのに対し、直接的原因なのかははっきりしないが、精神障害といわれている人の中には感性の秀でた人が多く見受けられる。芥川龍之介、草間弥生、夏目漱石、ゴッホ、ミケランジェロ、リンカーンなど超有名人が名を連ねる。最近ではその後のミュージックシーンに大きな影響を及ぼし、1994年に自殺したニルバーナのカート・コベインも双極性障害者だった。  内閣府の統計だと日本国民の6%が何らかの精神障害を患っているとのこと。日本では精神障害は恥だということで公表しないことが多く、実際の数はもっと多いだろう。  先日、イギリスの王室が支援するメンタルヘルス慈善プロジェクト「Heads Together」の一環で、ウイリアム王子と子供の頃から鬱との葛藤を続けるレディー・ガガがメンタルヘルスのことでチャットした。ウイリアム王子は母親ダイアナ妃の死による精神的打撃で、鬱になった弟のハリー王子を励ました経験を語っている。  あまり知られていないがNAMI(www.nami.org)という慈善団体があり精神障害に関した情報と救済を提供している。同団体トーレンス地区では日本語での連絡を受け付けている。5月は Mental Health Awareness Monthだ。【清水一路】

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Kommentarer


bottom of page