Eatadakimasu:LAのアイスクリーム特集!

「Sweet Rose Creamery」の共同経営者のひとりでアイスクリーム職人の吉川志帆さん

 今ロサンゼルスはアイスクリームが熱い。LA市内の各地に次々とアイスクリーム店がオープンし、人々を誘惑している。おいしさの陰には日本人、日系人の姿があったり、ローカル素材にこだわるオーナーたちのひたむきな味への追究が伺える。今回はアンジェリーノに愛される人気店を紹介する。【吉田純子=写真も】

人気店の味を支える日本人女性 Sweet Rose Creamery 吉川志帆さん

チョコレートソースとホイップクリムが溶け合うストロベリーアイスクリームのサンデー

 ロサンゼルスの人気店としてアンジェリーノから愛されるアイスクリーム店「Sweet Rose Creamery」。2010年に1号店をオープンして以来、現在までにLA地区に5店舗と事業を拡大。人気の味を支えていたのはなんと日本人のアイスクリーム職人でした。  Sweet Rose Creameryの共同経営者のひとりでアイスクリームの企画製造を手掛ける吉川志帆さんは静岡県静岡市で生まれ名古屋で育った。15歳の時にサンバナディーノの高校に留学。卒業後、1年ほどアートカレッジに通い、いったん帰国。2年後、カリフォルニア州オークランドにあるカリフォルニア美術大学に入学し、フィルムと彫刻を学んだ。  卒業後は小さい頃から好きだった料理に興味を持ち、サンフランシスコのベーカリーに就職。そこで知り合ったのが現在のビジネスパートナーのゾウイ・ネイサンさんだった。  ネイサンさんは夫のジョシュ・ローブさんとともにサンタモニカにある人気店「Huckleberry」や「Rustic Canyon」などのレストランを経営。Sweet Rose Creameryはそのレストラングループのひとつだ。  ネイサンさんから頼まれ、吉川さんはその後Huckleberryでパン作りを担当。「しばらくしてジョシュから『アイスクリーム店をやらない?』と声をかけられたのです」  そして10年にブレントウッドに1号店、その後サンタモニカ、ミッド・シティー、スタジオ・シティー、パシフィック・パリセーズに次々と店舗をオープンさせた。

素材へのこだわり

季節のフルーツいちごのアイスクリーム(上)と一番人気のミントチップアイスクリーム

「ローカルの食材にこだわり、熟して一番おいしい時に季節のフルーツのおいしさを味わってもらいたい」。吉川さんはアイスクリームの食材のほとんどをサンタモニカのファーマーズマーケットで仕入れている。  幼少の頃から季節の野菜を畑で育てていた家族を手伝い、料理上手な母の影響で小さい時から一緒にキッチンに立って料理を作っていたという吉川さん。「両親が野菜を作っているのを見て育ったので、仕入れの時も小さい頃に培った感覚が生きていると思います」

 素材の味を生かすため、同店ではアイスクリーム一つひとつのレシピが違う。「砂糖やクリームの入れ方などもアイスクリーム一つひとつで違い、毎回すべてがオリジナルなのです」  人気のフレーバーはミントチップ。「一番手がかかっているアイス」と吉川さんは太鼓判を押す。  多くの店ではチョコレートチップは買ったものを使用するが、同店ではチョコレートチップも手作りだ。3種類のチョコレートとココアバターを配合し、すべて手で割っている。ミントもサンタモニカのファーマーズマーケットで仕入れたローカルのものを使用。茎が入ると渋みが出るため、茎をすべて取り除き、毎週20〜30パウンド使う。  アイスクリームはすべて手作り。職人3人が朝3時半頃から夕方5時くらいまで、1日250リットルほど作る。

バニラとチョコレートアイスクリームを使ったバナナスプリット

 果物のアイスクリームはピューレ状になった材料は一切使わない。「なので毎回味が同じになるわけではなく、ピーチひとつとっても6月と8月のピーチとでは味が違います」  常時あるフレーバーはバニラ、塩キャラメル、ミントチップなど9種類。そのほか季節ごとに旬の果物のアイスクリームを加え、店頭には約15種類ある。うち4種はミルク不使用のアイスクリームだ。  トッピングのマシュマロのほかワッフルコーンも手作り。「手作りでないのはトッピングのカカオニブとチョコレート・スプリンクル、カラフルなチョコレートのトッピングのカーニバルだけです」。アイスクリーム以外のメニューはアイスクリームケーキ、アイスクリームサンドイッチ、フローズンバナナ、店舗によってはサンデーなど。

サンタモニカ店 826 Pico Boulevard Santa Monica, CA 90405 (310) 260-2663 x 4

日系姉弟が営むアイスクリーム屋さん 「Kansha Creamery」 丸本ゆかりさん、たつやさん

Kansha Creameryを営む姉の丸本ゆかりさん(左)、弟のたつやさん

 姉の丸本ゆかりさん、弟のたつやさんが営む「Kansha Creamery」。2人の父は日系3世、母は日本人。サウスベイ地区で育った姉弟が地元でオープンしたアイスクリーム屋さんは、チャリティー活動が目的で始まった。