top of page

如月

 プレジデント・デーの祝日が近づいている。ロサンゼルスの学区によっては4連休になる地域もあるらしい。ワシントンとリンカーンの誕生日を祝うことから始まったこの記念日は、1971年、当時のニクソン大統領によって2月の第3月曜日に決められたという。  就任から1年を迎えた先月20日、トランプ大統領の支持率が38%にとどまっていることがニュースとなった。NBCテレビなどの世論調査によって出されたこの支持率は、1945年以降の歴代大統領の就任1年目の記録としては最も低い数字らしい。ただでさえ低かった就任直後の45%から、さらにポイントを落としているということだが、この1年の大統領の動向を見る限り支持率の低下に驚きはない。   国内のみならず、海外からの支持も低いということは容易に見て取れる。女性蔑視、有色人種、イスラム教徒に対する差別的発言、アフリカなどの国々に対する侮蔑発言など、その根拠は余りある。自国以外でこれだけ不支持を煽った大統領もそうそういないだろう。  そんなことを思ううち、大統領の人気ランキングが気になりサイトを検索した。  政治専門のケーブルテレビC—SPANのスコアによる2017年ランキングで次のような結果が出ている。1位は過去3回連続でリンカーン。2位は初代大統領ワシントン。前々回の3位から順位を上げている。入れ替わって3位がフランクリン・ルーズベルト。日系アメリカ人の強制収容を行った大統領だがその人気は高く、3位以内を堅持している。米国史上最年少の42歳で大統領となったセオドア・ルーズベルトが3回連続で4位。5位は広島への原爆投下に異を唱えたといわれるアイゼンハワー。  一方、格付けワーストはジェームズ・ブキャナン。南北戦争へと続く困難の時代にリーダーシップを発揮できなかったというのが調査対象である歴史家の見解だそうだ。ワースト11位にはW・ブッシュの名前も。歴代最高90%と最低の19%、二つの記録保持者だ。  低空飛行を続けるトランプ大統領の支持率グラフ。今後も話題となるだろう。【麻生美重】

1 view0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Comments


bottom of page