初夢

 1億4千万ドル。パワーボールの賞金が途轍もない金額に膨れ上がった。  賞金額史上最高などと報道されるとロットの売り上げに拍車がかかり、数千万枚に1枚という確率もさして気にならない。いやそのたった1枚の当りくじが自分に当らないとは誰が言えようか。  当り番号が発表されるまでは、2ドルで1枚買った人も、100ドルで50組の組み合わせを買った人も、等しく人生バラ色である。  賞金額がここまで上がるまでに、一体何組の番号が組み合わされたのだろう。それが一組もマッチしないというのも不思議ではある。  もし賞金が当ったら…。  「リタイアして家族で世界旅行」  「まずクレジットカードの借金を払って、新車を買って家を買って、それでも残るから…」  「使い道が分からないから困る」などと、当る前から困っている人もいる。庶民の夢を叶えるには大きすぎる金額なのだ。  しかし過去にロットで一躍百万長者になった人が、大金の管理ができず、兄弟、親族、友人に集(たか)られ、麻薬におぼれて借金まみれという不幸な話もまれではない。  老朽化した職場の建物のコンディションが悪く、雨漏りはする、外壁はタックポインティングをしないと隙間がひどくなっている、集会場の照明はいつも蛍光灯の四分の一が切れていて薄暗い…。常に最も悪いところに応急処置を施すことで凌いでいる。  それでも「いいですね、こんなスペースがあって。会場の心配をせずに、いろいろな催しができて…」などとうらやましがられることもしばしばあり、ものは考えよう、感謝しなければ、などといいながら、予算のないことを嘆いている。  誰からともなく、「みんなで出し合ってパワーボールを買って、当ったらコミュニティーセンターを建て直して、残りは山分けっていうのはどう?」という話が出ている。  健気だと思いませんか。  しかしみんなが金持ちになって一緒にリタイアしたら…、どうなるのだろう。  このコラムが紙上に出るころ、ひょっとしたら上司に引退届けを出しているかも。  いや、初夢、初夢、  今年もどうぞよろしくお願いいたします。【川口加代子】

#リタイア #賞金 #コミュニティー #ロット #コミュニティーセンター #コラム #センター #クレジットカード #パワーボール #川口加代子

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

The Rafu Shimpo has been the nation's leading Japanese American newspaper since its original publication. We are proud to have served the Japanese American community from our Little Tokyo office in Downtown Los Angeles since 1903.

© 2020 by RAFU SHIMPO

Follow Us

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon