top of page

神無月

 今年も大きな満月が美しかった仲の秋。気がつけば10月も後半になろうとしている。街や住宅街はハロウィーンの装飾が本格的になってきた。交差点のコーナーに設けられたテントの下には大小のかぼちゃがぎっしり並び、買い主が現れるのを待っているかのようだ。信号待ちをしているちょっとした間に見るこんな光景で、季節の移ろいを感じる。いかにもカリフォルニアらしい。  日が沈むのが早くなったとか、朝晩少しだけ冷え込むとか、そういった「なんとなく」の変化が、南加の秋の訪れだ。日本のように、中高生の制服の衣替えや、運動会、芋掘り遠足のローカルニュースを見聞きすることはあまりない。けれど、当然ながら、当地にも秋は来る。  「ざくろがたくさんなったので、取りに来ませんか」知人からメッセージをもらった。彼女の庭では、さまざまな果物が実をつける。初夏からこの時期にかけては、枇杷(びわ)、無花果(いちじく)、葡萄(ぶどう)、桃、そして柘榴(ざくろ)。これだけの果物が順々に実をつけるのを日々眺めていれば、季節の変化、うっすらとした秋の始まりに、自ずと気づくことになるのだろう。真っ赤なざくろがたわわになった木には、リスが頻繁にやって来るという。熟れて甘くなったおいしいところからかじっていくのだそう。リスにとってもこの庭は、めぐって来た秋を謳歌するのにぴったりな場所なのだ。  日本からは秋祭りのニュースが伝わって来た。東京の商店街からは女性がかつぐ神輿(みこし)、383年の歴史を誇る長崎くんち、愛媛松山秋祭りの喧嘩神輿など、力強さや活気は相当なものだ。一方で、SNSに投稿された生まれ故郷の神社の祭りは、規模も小さく派手さはない。けれども、幼いころ慣れ親しんだ笛の音や神楽の舞、親戚が作ったご馳走の匂いまでもが懐かしく、思わず写真に見入ってしまう。  第48回衆議院議員選挙の開票は22日。当選祈願に神社を参拝する候補者はいるだろうか。神様が一年で一番忙しい時期だ。お参りしても不在かもしれない。神無月の選挙、大いに注目したい。【麻生美重】

1 view0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Comentários


bottom of page