top of page

大往生

 今月初め、一人の女性がみまかれた。誕生日には大きなケーキを用意しようと話していたのに、98歳になる10日前の出来事だった。  彼女との出会いは、高齢者昼食会の食事を届けたことだった。ふとしたことから、私の名前と彼女の弟の名前に使われている漢字の読み方が同じだということが分かった。そのことから、親近感をより強めたと思っている。  次第に老いて一人での生活が大変になったとき、彼女が信仰する高野山米国別院のお坊さん、スタッフが力になって看護ホームに入ることになった。直接かかわる役目に加えていただき、いろいろご縁をいただいてこの日を迎えた。どのご縁、どの出来事、その時の出会いかかわりの全てが、うまく運んで、本当に助けられた。  彼女は、野菜・果物、花を育てて、歌を詠み、書に親しむ生活をしていた。高野山に作った花を持ってお参りしていた。医者に縁のなかった彼女は、看護ホームに入ってからの薬を処方される生活は好んではいなかったが、快適な環境での生活を楽しんでいたと思う。  食べものをほしくないというようになって、アップルジュースだけを飲んで5カ月。最期の日まで話もできて、苦しむこともなく逝ってしまった。これが、大往生ではないかと思った。この、数日前に「よくこんなに長生きしたと思う」とつぶやくように言っていた。そのとき、故郷の景色や若いころのことを思い出していたのではないかと思う。「豆腐屋が2軒あって、豆腐はよく食べた」と言った。そういえば、昔を思い出すとき、出来事と一緒に食べものが不思議に蘇るような気がする。胃袋の記憶は大事かもしれない。  食べなくなって、ベッド上の生活が多くなったとき「お大師様がいいといってくれるから、こうしていられる」と、安心した顔で言った。お大師様が守ってくれているのだと思った。  旧敬老看護ホーム、中間看護施設のスタッフには、オーナー変更後も彼女の意思を尊重したケアをしていただいた。  あっぱれともいえる自然な老いの過程を見せてもらった。日本から、乳児の時、一緒に寝たという姪御さんが、葬儀に来られるという。 【大石克子】

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

bottom of page