初体験

 先日、友人の職場を訪れた時のこと。今まで嗅いだことのない臭気に出会った。 相当強い臭いだが、何の臭いなのか特定できない。  一番近い臭いで…スカンク、そう、よく街を離れて遠出すると、突然この臭いに襲われることがある。  家人が「また誰かの車がスカンクをヒットしてタイヤに臭いを付けたまま走っている」と言う。  いつだったか、犬が裏庭に現れたスカンクにちょっかいをだして「鼬(イタチ)の最後っ屁」をかけられて帰ってきて、家中大騒ぎをしたことがある。この臭いを消すにはトマトジュースが一番とか、大きなトマトジュースの缶をたくさん買ってきて、庭にタライを引き出し家族で犬を洗ったことがあるが、何とも強烈な臭いで吐き気を催したものだ。  一人の女性が横を通るたびにその臭気が強くなる。どうやら震源地は彼女らしい。しかし周りの誰もそれについて言及するわけでもなし、嫌な顔も見せない。  外来者の私が一体何の臭気かと訊ねるのもはばかられて、ひょっとすると自分の嗅覚が異常なのだろうかと疑ってみた。そして自分なりの結論は、その種の整髪剤かコロンの類で、自分の鼻に合わないだけだと思うことにして…息をつめるようにして我慢。  しばらくするとその女性はヘッドホンをつけてモニターを見始めたが、数分すると彼女は上向き加減にモニターから目を外し、居眠りを始めた。そして、ガバッと机に臥せって爆睡状態。  悪臭の源を疑問に思いながら用件を済ませて外に出ると、新鮮な秋の冷気を胸いっぱいに吸い込んだ。  後日、友人に先日の異臭に気が付かなかったのかと尋ねたところ、あれはどうやら麻薬の臭いで、その時彼女は仕事のトレーニング最中だったとか。就職しようと思う職場に麻薬で朦朧(もうろう)とした状態で現れて、トレーニングの最中に爆睡する神経が分からない。  採用の条件としてドラッグテストを受けてもらうと伝えたところ、彼女は再び帰って来なかったとか。  人間を70余年もやって来て、麻薬の臭いは初体験であった。二十歳を幾つか過ぎたばかりの赤の他人の将来が心配になった。【川口加代子】

#スカンク #震源地 #トレーニング #モニター #麻薬 #ドラッグテスト #ヘッドホン #川口加代子

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

The Rafu Shimpo has been the nation's leading Japanese American newspaper since its original publication. We are proud to have served the Japanese American community from our Little Tokyo office in Downtown Los Angeles since 1903.

© 2020 by RAFU SHIMPO

Follow Us

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon