納豆談義

 最近、会話の中で「死ぬ前に何を食べたいと思うか」という話題になった。「納豆卵かけごはんでしょう!」と一人がいうと、他の一人も「やっぱりそれしかないでしょう!」と同調した。しかも納豆は、ひきわりがいいとか、大粒がいいとか。なんか貧弱で、最期にふさわしいのかな? と声をそろえて笑った。  高級フレンチレストランのなんとか、何とかの珍味より、納豆に行きつくだろうと一致した。フレンチもイタリアンも中華も、そこそこのものはどこでも食べられる。日系マーケットがあるところでは、納豆は手に入るが、そうでなければ、納豆は食べられないし、卵かけご飯も生の卵を食べるのは心配、と食べていない人たちが多いと思う。  日本に住んでいたときは、ごく当たり前の食べ物が、ここでは当たり前でないことが、たびたびある。  先日、ラスベガスに住んでいるというご婦人と話したとき、彼女は納豆と豆腐をたくさん手にしていた。ラスベガスでは納豆が手に入らないので、ロサンゼルスに来た時に買っていくのだという。豆腐はあっても高いので、豆腐も買っていくと。子供のころ、日本で食べた納豆はつと(藁を束ねて包んだもの)に入っていたと、しばらく忘れていた言葉を聞いた。それから、長靴に藁を入れて履いたの覚えてる? と言うので、郷里はどこかと尋ねた。岩手県に近い青森県という。そうしていたと聞いたことがあったので、何となく懐かしいような気分になった。  納豆は、匂いがあってねばねばしているので、好きな人と嫌いな人にはっきり分かれる。それを好きだという人ばかりの話が寄ってきたこと自体、不思議といえる。健康にいいとアメリカ人にも食べられるようになったというのも、驚きである。最近は、匂いのない納豆もあるが、それはちょっといただけない。  子供のころから食べ慣れ、記憶に残る味を最後に欲するようになるのだろう。しかも、手に入らないと余計に欲しくなる。自分で納豆を作って食べた、という話も中西部に住んでいた人から聞いたことがある。  納豆好きがたまたま集まったが、命を保つ食べもの、その中で何が残るのかおもしろい。【大石克子】

#イタリアン #豆腐 #中華 #フレンチ #青森 #大石克子 #岩手 #レストラン #マーケット #納豆 #ロサンゼルス #ラスベガス #フレンチレストラン #日系 #アメリカ #卵かけ #日系マーケット

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

The Rafu Shimpo has been the nation's leading Japanese American newspaper since its original publication. We are proud to have served the Japanese American community from our Little Tokyo office in Downtown Los Angeles since 1903.

© 2020 by RAFU SHIMPO

Follow Us

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon