カメ理論

 「鶴は千年、亀は万年」という言葉がある。亀は古くから長寿のシンボルとされ、古くは中国・漢代の百科全書にも書かれているそうだ。実際に亀は見た目には動きが鈍く、体を動かさず長寿を保つように見える。人間も下手に運動をして身体を鍛えるより、亀のように極力動かないほうが長生きするのだという考え方があり、これを亀理論というそうだ。  亀理論の根拠の一つは、心拍数と寿命の関係で、一般に哺乳類はどの動物もその種類に関係なく、一生の心拍総数は決まっており、「15億回」とか「22億回」など諸説はあるものの、あらかじめ決められていて、運動ばかりすれば、心拍数が上がるので一生分の心拍数を早く消耗してしまい、長生きしないとされる。  しかし、この亀理論はどう考えても怪しい感じがする。無精者が運動不足の言い訳に都合よく作った理論にすぎないのではないだろうか。確かに亀は、野生動物としては比較的長命で、種類によっては100年以上も生き続けることもあるそうだが、一般的にはせいぜい30~50年の寿命であり、とても万年というわけではないようだ。  プロ野球の名捕手として活躍し、諸球団の監督も務めた野村克也氏は引退後、亀理論実践者として知られているが、彼は現役時代には散々体を酷使し、現役引退後も過激な運動はしないまでも、講演活動その他で動き回っており、とても亀状態とはいいがたいはずだ。野村さんの亀理論は彼一流のボヤキとかジョークに類するものと理解すべきだろう。  人間は誰でも適度に体を動かすことは健康と長寿にとって必要なことではないだろうか。心拍数に関しても早歩きのような適度の運動を毎日した方が、脈拍数が減るといわれる。むしろ、喫煙、肥満、高血圧などの生活習慣病のほうが心拍数が早くなるので、まず生活習慣病に気をつけるべきだ。  また、仮に一生の心拍総数が同じであるという説が正しかったとしても私は、普段からじっと動かず心拍数を上げない生活よりも、心ときめき、胸がドキドキするような毎日を送ることが出来るのなら、多少寿命を犠牲にしても良いと思っている。【河合将介】

#寿命 #肥満 #河合将介 #野村克也 #喫煙 #亀理論 #中国 #心拍数 #高血圧 #鶴は千年亀は万年 #捕手 #鶴は千年 #生活習慣病 #長寿 #漢代 #亀は万年 #プロ野球 #ジョーク

1 view0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

The Rafu Shimpo has been the nation's leading Japanese American newspaper since its original publication. We are proud to have served the Japanese American community from our Little Tokyo office in Downtown Los Angeles since 1903.

© 2020 by RAFU SHIMPO

Follow Us

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon