70回目の鎮魂

 2012年8月、米国からクリフトン・トルーマン・ダニエルさんが広島と長崎の平和式典に参加しました。ダニエルさんは、原爆の投下にサインをしたトルーマン米大統領の孫として生まれ、自分の子供が持っていた『Sadako and the Thousand Paper Cranes』という本を読んで、原爆の事実を知りました。佐々木禎子さんの兄雅弘さんから、禎子さんが折った鶴を渡されたことが、広島長崎を訪れるきっかけになったのです。  ダニエルさんの訪日には、大きな勇気と決断が必要だったと思います。原爆投下はアメリカにとっては正義、祖先や自国の教えに反すると考える人もいるからです。そんな不安をよそに、禎子さんの家族はダニエルさんに謝罪を求めませんでした。大切なのは、史実を自国の都合で解釈することではなく、真実を次の世代に伝えていくことです。禎子さんの本は70年経ってもそれを訴え続け、広島や長崎の方々は語り継ぐことをしてきました。ダニエルさんは、きのこ雲の下で起きた真実を、米国で伝え続けています。  2015年8月6日の広島カープの試合。広島の選手全員の背番号は86番となっていました。シンボルカラーの赤い帽子には白いハトが描かれ、胸にはGARPの代わりにPEACEと文字が刻まれていました。多くの日本人の方が8月に鎮魂の思いを巡らせる一方で、広島の小学生の約70%は原爆投下の日時を知らないというニュースが流れました。  2015年8月14日、新潟県長岡の花火「白菊」の大輪が、戦没者に手向けるようにハワイの空に打ち上げられました。長岡は真珠湾攻撃を指揮した山本五十六の出生地であり、原爆の模擬投下のあった場所でもありますが、現在長岡市とホノルル市は姉妹都市になっています。  平和とは人の痛みを理解することから始まります。戦争に正義はありません。あるのは、勝者と敗者。どちらにも被害者が存在します。その痛みを理解しようとすることが、次の世代への私たちの生きる姿勢になります。【朝倉巨瑞】

#広島 #戦没者 #新潟 #真珠湾攻撃 #平和式典 #山本五十六 #ホノルル #長崎 #トルーマン大統領 #花火 #新潟県長岡 #佐々木禎子 #ハワイ #広島カープ #きのこ雲 #クリフトントルーマンダニエル #アメリカ #朝倉巨瑞

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

The Rafu Shimpo has been the nation's leading Japanese American newspaper since its original publication. We are proud to have served the Japanese American community from our Little Tokyo office in Downtown Los Angeles since 1903.

© 2020 by RAFU SHIMPO

Follow Us

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon