top of page

魔法が解けるとき

 このタイトルから、眠り姫が目を覚ましたとか、白雪姫の話など、ちょっとロマンを想像するかもしれない。ちょうど、バレンタインデーの時期でもあるし。  事実は、全く夢を壊すような話なのだ。しかし、本当に魔法が解けたとしか言いようがない。突然、蕁麻疹(じんましん)が体中に出たのだ。46年間、何事もなかったのに、復活した時だった。小中高の10年間、蕁麻疹に悩まされていたものが、体質改善がうまくいって、治って以来忘れていた。何を食べても、何をしても何も起こらなかった。  あの46年間は、魔法が掛けられていたんだ。それが、解けたんだと思った。知人は、60過ぎると昔あったことが、また出てくるのよ、と言った。そうか、還暦でまた子供に帰るときに、それまで忘れていたことが、また復活するのか。きっちり60ではなくても、その数年で魔法が解けたように出てきてもおかしくはないか、と納得。  人の体というものは、面白いというか、不思議だと思う。疲れやストレスで不調をきたす。それがはっきり血圧上昇や心電図に不調が現れると医学的処置で解決できるが、全く数値として現れないこともあるから、やっかいだ。何十年も休みなく動いて、生命を維持する臓器等が疲れて悲鳴を上げることもあろう。そのサインがどういう形で現れるのかで、どこに無理がかかっているのか、ということになろう。  体が送ってくるサインを見逃さないよう気を付けてと思うが、だんだん感覚が鈍くなってくるし、当てのないこと。何かが起こったら、来たぞと付き合うのがいいだろう。  周りの人たちから聞く話でも、多くの人がいろいろな心身の悩みを抱えている。我慢できない痛みや、心臓が苦しい、動けないなど、緊急に医療機関に行く必要に迫られる症状はともかく、少しだったら悩みがあった方がいいかもしれない。他人への気配り、加減を考えて活動をするようになるかもしれないとも思う。  地球上の自然も、地震、大雨、大雪、竜巻など、猛威を振るっている。自然をコントロールしていたと思い込んでいた人間は魔法をかけられていたと同じ。解けた魔法は、もうきかないだろう。【大石克子】

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Comments


bottom of page