top of page

魅惑のやすらぎ

 とても疲れたとき、一人で駆け込める場所はコリアタウンにある。そこは、肌の色の違うさまざまな女性たちが真っ裸で集い、思い思いにくつろげるいわばパラダイスだ。  「このお風呂熱いね」「他にはどんなお店がオススメ?」なんて、見知らぬ女性たちと湯船につかりながら会話できるのも心地よい。  ロサンゼルスのコリアタウン。ここには大小、そして、客の年齢や人種もさまざまな「スパ」があちこちにある。家族やカップルで行けるところもあれば、女性専用も。  日本で例えるなら「スーパー銭湯」、ひと昔前の「健康ランド」。「テーマパークのような銭湯」という表現の方が分かりやすいかもしれない。  コリアンスパにはお風呂やサウナだけでなく、いろいろな種類の岩盤浴(チムジルバン)、韓国式アカスリ、マッサージやネイルなどのサービスも手ごろで豊富。  韓国伝統の床暖房「オンドル」の上でごろりと横になって気持ちよく昼寝もできるし、韓国料理も楽しめる。  もともとは韓国系の人たちの風呂場であったコリアンスパ。いまや健康志向のハリウッドセレブたちも注目するようになり、幅広いファンを獲得している。  ある大型人気店のスタッフは、「アメリカの人たちも人前で裸になる風呂文化にだんだん慣れてきた」ことが人種の多様化や人気に拍車をかけているという。  そんなコリアタウン、1970年代までは日本人が多く住んでいた地域も含んでいる。60年代以降に韓国からの移民が増え、日本人が住んでいた地域にだんだん流入したわけだ。日本人は転出し、80年代に入ってからは次第にコリアタウンとして知られ、繁栄するようになった。  いまや韓国系の人たちは、よりグローバルなロサンゼルスでうまく流行の波にのり、人種や年齢を問わず多くの人々をコリアタウンへと引きつけている。  スパだけでなく、カフェ、レストラン、バーなど、新移住者の私にとっても居心地のいい空間を提供してくれるのは嬉しい。  遠くない昔、多くの日本人が暮らしの場とした地域のいくつかは、いまはコリアタウン化した。いまを生きる私は、そこへ足しげく訪れて恩恵を受けている。【中西奈緒】

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

コメント


bottom of page