top of page

祝いたい個人の栄誉

 野球シーズンオフのこの時期は、日米で毎日、各賞の受賞が発表され、選手らの活躍を振り返るのがおもしろい。そんな中、大リーグの最優秀監督の発表が待ち遠しかった。地元ドジャースのロバーツが候補に挙がったからだ。対抗は、カブスを108年ぶりのワールドシリーズ制覇に導いた名将だっただけにドキドキしたが選出され、祝福したい。  就任1年目の栄冠は、史上6人目らしい。44歳の若大将は、けが人が続出した苦しい台所事情の中で、先手、先手の鮮やかな選手起用、そして敵の意表を突く思い切った采配が光り、チームをリーグ優勝決定戦に導いた。小柄で、ベンチで他の大きな選手に囲まれると、ひと際小さく見えるが、フィールドに姿を表すと大きく見え、威風が漂うから不思議だ。  監督は母親が沖縄出身で、自身も沖縄で生まれ8歳まで育った。試合前の沖縄のプロモーションイベントで「ロバーツ監督は、沖縄で生まれた」と、場内アナウンスが響くと、スタンドはどっと沸き、始球式では沖縄知事が投じた一球を受けてくれた。「日本は、私の人生の一部分」と公言し、故国を愛する。早く、親善大使に任命してもらいたい。  同じドジャースの前田は、新人王を逃した。だが、前田を攻守で援護した同僚の遊撃手シーガーが、選ばれたので喜んでほしい。新人王候補の最右翼だった弱冠22歳は、文句のつけようがない満票で選ばれ、受賞に花を添えた。おめでとう。  ドジャース関連ではまた、今季で67年間の実況生活に別れを告げ、「ドジャースの声」として敬愛されたビン・スカリーさんが、米国市民最高位の勲章の「大統領自由勲章」に選ばれた。テレビで見たのだが、受勲の吉報を電話で知り「私は、ただの野球アナウンサーなのに…」と恐縮し、相変わらずの人柄を感じさせた。来週のホワイトハウスでの授与式に胸を張って臨んでほしい。  ドジャースは今季、惜しくもワールドシリーズ進出を逃したが、こうした個人の栄誉は、他の選手やファンの励みとなる。来季こそ、29年ぶりの優勝への期待は高まる。【永田 潤】

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Comentarios


bottom of page