top of page

男と女と雷と

 「男と女、どちらが雷に打たれやすいか」という見出しに誘われてあるサイトに入ってみた。確率の問題だから男女差はないだろうと思っていた。  一人の人が一生の間に雷に打たれる可能性・確率は1万3500回に1回だとか。ロットよりも確率がいい(?)。全国気象サービス(NWS)によると男性は女性より落雷事故で死亡する確率が高い、だって。  NWSの分析結果によると2006年から10年間に352人が落雷で死亡しており、79パーセントが男性だったという。そのうちの90パーセントが釣りやスポーツにかかわっていたことが分かった。男性のほうが外遊びが好きなせいだと。  さて、落雷事故が多いスポーツはゴルフ、ランニング、野球、フットボール、サッカー。ランニング以外はいわば団体競技だから一人抜けるのは難しいのかな。女性の場合はボート関連での落雷死亡事故が多いとか。  男性の事故が多いのはもちろんスポーツだけが原因ではなく、仕事関係で外で働くことが多いのも理由にあげている。  こうなるとどうすれば安全に過ごせるかを考えたほうがいいようだ。とにかく高いところを通って落ちる傾向があるので、グラウンドや広場などでは人に落雷する可能性が多い。雷鳴や雷雲が近づきだしたらすぐに安全な場所に避難するよう、日本大気電気学会の「安全対策Q&A」などで警告している。  安全な場所は鉄筋コンクリートの建物、自動車(オープンカーはだめ)・バス・電車などの内部。一般の家屋も基本的には大丈夫だが、電化製品やコンセント、天井・壁などから1メートル以上離れていればさらに安全だという。  近くにそのような安全な場所がなく電柱や鉄塔などがある場合、その真下ではなくそれらのてっぺんを45度の角度で見上げられる場所で根元から4メートル以上離れることを勧めている。ただし、これで全く安全かというと地面を伝わる落雷の影響でケガをすることもあるとか。「地震・雷・火事・おやじ」のことわざも真実味が増す。  こうなると「桑原桑原」を唱えてジッと通り過ぎるのを待つのが一番なのかな。【徳永憲治】

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Comentarios


bottom of page