top of page

甘くて辛いソーダ・タックス

 大都市シカゴを含むイリノイ州クック郡の人口は約530万人だが、毎年不動産税は間違いなく増税されているのに万年赤字財政は改善の兆しは見えず、解決法は市民から搾り取ることのみ。課税対象を何に絞るかで郡長官以下が頭を突き合わせて考えた結果、人身御供に上がったのがソーダ・タックス、つまりシュガーで味付けられたソーダ飲料(どういうわけかシュガーの含まれていないダイエット飲料もひとからげに含まれている)に1オンスに付き1セントが課税されるというもの。  1缶12オンスのコーラに12セントが課税され、それが逼迫している郡の財政を潤し、役職員の退職後の年金も滞りなく支払えるという魂胆だが、政治家の悪知恵は増税の理由を「肥満児を減らし、市民の健康を守るため」、に置き換えようとしている。  このアイデアはクック郡が全米で初めてというわけではなく他州などでも前例はあるそうだ。  元ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ財団が250万ドルもの助成金をだしてイリノイ大学シカゴ校のパブリック・ヘルス部門に調査を依頼してこのアイデアを支援、不健康な飲み物に課税することで消費が減り、ひいてはシュガーの摂取による肥満や糖尿病などの成人病が減る。医療費を節約すれば保険料も下がるだろうという三段論法で市民に増税を納得させようとしている。  肺がんの元凶といわれるタバコが増税で一箱2ドルくらいから8ドルだの10ドルになって久しい。  私自身もう何年もソーダ飲料は飲まないし、シュガーが健康に悪いこともよく分かっている…つもり。  タバコもアルコールも好みではないからこの手の増税は痛くも痒くもないし、子供たちに「こんな高い飲み物はわが家では買えないのだ」と説得するより健康に悪いのだという方が親としては確かに話しやすい。  しかし、もしこの増税対策が成功してソーダ飲料の消費が減ったときは、郡の歳入も間違いなく減るわけで、政治家たちはまたまた次の増税案を考えねばならないし、ソーダの万引きが増えるのではないかと余計な心配もしなければならない。不健康な話である。【川口加代子】

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Comentários


bottom of page