top of page

犯人はロウデント!

 気温が急に冷え込み、大雨が連夜続いた。その翌朝の土曜に事件は起きた。食材買い出しに出かけようと昼前、アパート1階の共同車庫へ向かった。通常通りにエンジンをかけようとするがカラ回る。どうも最後の一息が届かない。ラジオはかかる。ヘッドライトもつく。何度もキーを回すが、やり過ぎを懸念して、たぶんバッテリー不足だろうと電話してサービスを呼んだ。  半年前にリースした中型SUVの新車だ。数週間前に走行3000マイルの点検をして問題なしのお墨付きをもらったばかりなので、一層不可解に思った。1時間後、修理サービスのお兄さんが現れ自らチェックすると、すぐさま「バッテリー切れじゃない。完全シャットダウン。原因はディーラーのコンピューターで調べてもらわないと…」と言う。  仕方なく、次はレッカー車をアレンジ。さらに2時間待機。昨晩まできちんと起動していたので、自分の運転に非があったのか思いを巡らした。  フラットベッドの大きいトラックが現れ、高さ3メートル程の車庫の入り口からなんとか運び出す。  無事サンタモニカのディーラーに到着し、故障の診断結果を待つ事30分。面識ある担当者が現れ「説明するよ」と意味ありげな含み笑いをする。  ボンネットを開けるとエンジンの表面上に小さな点々マークが至る所に付いている。奥のワイヤーの接続部分が裂かれている。  「ネズミの仕業だよ」と。  「ネズミ…?」  話を聞くと、大雨で寒かったため、暖かい居心地良いエンジンにやって来て、ワイヤーをかじりまくったとのことだ。自分は初耳だったが、月に数台程、同じ要因で故障車が、その修理工場に運ばれてくるという。この種の修理には外的要因なのでリースに含まれている補償は使えず、1200ドル程かかるという。仕方なく今保険会社と交渉中だ。  今後の防止策として、スプレー式駆除剤と撃退可能な超音波機器をネットで調べて早速入手した。これで再発を防げなかったら、あとは暖かい晴れの日がずっと続く事を神に祈るしかない。  一つ学んだ事は、ネズミやリスなどのかじる動物の総称は、げっ歯類、英語でRodent(ロウデント)という。【長土居政史】

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Комментарии


bottom of page