top of page

時間というもの

 テレビジャパンのいつもの放送が途絶えて3週間になる。衛星放送は終了いたしますが、ケーブルテレビでご覧のお客さまは引き続きご覧になれます、と広告していたのに、これって、契約違反じゃないのだろうか。  「次の番組が始まるまでしばらくお待ちください」のテロップとともに画面に映し出される深い森の木々のざわめき、流れる雲、川のせせらぎなどの映像には癒されるものの、その後に始まる番組は子ども向けのアニメばかり。誰が見るの? とボヤキながら…ちびまる子ちゃん好きの私は「ろぼっ子ビートン」というアニメに、けっこう、はまってしまっている。  登場人物は、発明家のノーベルさんが組み立てた出来損ないの子ども型ロボットと小学生のマサオ。対するはいつも3人のガキレンジャーを従えたガキおやじとが、毎回はげしいバトルを繰り広げる。  このオヤジは、いつも自分が一番でないと気に入らず、潜望鏡でマサオたちの動向をさぐり、優秀なスーパーロボット「ブリキン」を使って、あの手この手で邪魔をするのだ。財力に物言わせ、宝探しといえば、地図にある土地ごと買い占めたり、姪のウララちゃんのコンサートを開くとなれば、あの「カモネギホール」さえ予約して対抗する。が、時に情にもろく、憎めないところも見せる。  40年も前の作品らしいが、ガキおやじが口を尖らせてわめき散らす様子が、そのままどこかの大統領とだぶって見えてくるのだ。  イラクにミサイル100発撃ち込んだゾイ!  TPPは辞めたのだゾイ! でも、復帰しようかナ?  吾輩のアメリカが一番なのだゾイ!  勤めを終えて1日2、3時間の日本語のテレビタイムは、リラックスでき、ストレス解消にも役立っていると思っていたけれど、なけりゃないで引き換えに思いがけないゆったりとした時間が戻ってきたようだ。忙しくて、読書などからも遠ざかっていた。先送りにしていた書類整理もでき、部屋はきれいに片付くし、食器磨きなどもていねいにする気になる。  思いもかけず、老い先短い身の、時間の使い方を考えさせられている。【中島千絵】

2 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Comments


bottom of page