top of page

日馬富士と安美錦

 異郷で見る相撲のテレビ実況中継に一喜一憂する15日間だった。  日馬富士の暴行事件があったり、白鵬の抗議ジェスチャーがあったり、一年を締めくくる大相撲九州場所は大揺れだった。  その中で、一服の清涼剤は、一年ぶりに十両から幕内に返り咲き、勝ち越して敢闘賞に輝いた安美錦(39歳、伊勢ケ濱部屋)だ。旭天鵬引退後は最高齢だ。  祖父も力士、実兄は前頭13枚目までいった安壮富士(11年の八百長問題で引退勧告)。伊勢ケ濱親方(元横綱旭富士)は父の従兄弟の息子。  横綱以下の力士が横綱に勝つことを金星というが、安美錦は現役力士中、最多の金星力士だ。横綱の貴乃花、武蔵丸、朝青龍、白鵬を破って金星4つを取っている。貴乃花は安美錦に敗れた後、引退した。  最後まで粘りの相撲を取り、もつれた相撲になることが多く、「行司泣かせの力士」と言われてきた。「技巧派」「業師」「相撲巧者」の異名でならした。土俵を下りると、穏やかな人柄でいつも笑顔が絶えない。後輩力士への面倒見もよかったらしい。  激しい稽古を続ける中で左アキレス腱を断裂し、昨年、十両に転落。一時は幕下まで落ちかけた。  「幕内で通用するか、しないかという不安がいっぱいあったし、家族も一緒に闘ってくれた。いつもと変わらず接してくれて…。気を遣わせて…」  千秋楽まで一生懸命支えてくれる家族の姿を思い浮かべて、安美錦は千秋楽のインタビューで涙を流した。  夫人は元女優の白木絵莉さん。早稲田大学法学部卒の才媛だ。弟弟子の日馬富士の横綱昇進祝賀会の席で出会い、4カ月後にスピード婚した。  皮肉なことに「キューピッド」だった日馬富士は今引退の危機にさらされている。大相撲は、まさに力士たちが悲喜こもごもに織りなす人生模様そのものだ。 【高濱 賛】

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Comments


bottom of page