top of page

日野原重明氏を悼む

 7月18日、聖路加国際病院の名誉院長・日野原重明先生がお亡くなりになりました。105歳の大往生でした。100歳をすぎても現役の医師を続け、高齢者が活躍できる社会の在り方などについて提言を続けた文化勲章受章者の日野原重明さんは、東京大空襲の時には薬もなく、押し寄せる大火傷の罹災患者たちの治療にあたり、戦禍の悲惨さを体験しました。オーム真理教のサリン事件の時は、院長として直ちに一般患者の受付を中止し、無制限に患者を受け入れ640人もの治療にあたったそうです。  「病気は日頃の予防が大切」を信念とし、脳卒中、心臓病などを生活習慣病と呼んでその克服を提唱。日本の医療行政に大きな影響を与えました。小学生から中学生をはじめ、対象を選ばずどこへでも出かけ、わかりやすい言葉で命の大切さを語った人でもありました。  3年ほど前にパシフィコ横浜国立大ホールで講演があり、聴きにゆきました。確か当時は102歳だったと思いますが、約1時間以上、ステージの端から端まで歩き回り、大きな声で分かりやすく熱く語りかけてくれました。  先月には、日野原先生が名誉院長を務めた築地の聖路加国際病院を見学したので感慨ひとしおです。ステンドグラスの美しい礼拝堂があり、病院棟には各階にたくさんの絵画が飾られています。患者には身体的な治療も大切だが、精神的・心理的治療も大切だと考えたのでしょう。多くの絵は患者や外部篤志家からの寄贈品です。  ノーベル賞受賞者の北里大学・大村智先生が埼玉に作った「絵のある病院」北里メディカルセンター病院のコンセプトにも通じる病院です。大村先生の考えは「21世紀は科学や技術も大事だが、心を大事にする時代にしなければならない」というものでした。  日野原先生は命の大切さを説き「命とは生きている時間だ」といった言葉が心に残ります。命を大切にするということは、生きている今の時間を大切にしろということだと解釈しています。憲法9条を誇りに思い、最後まで9条を含む憲法の改正に反対の姿勢を貫き通した信念にも敬服します。日野原先生のご冥福をお祈りします。【若尾龍彦】

2 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Comments


bottom of page