top of page

日本語の不思議さ

 日本語の文章を執筆中、濁音の振り仮名でしばしば手が止まる。  例えば「砂糖」が「角砂糖」になる時、「さとう→かくざとう」になる。「話」が「昔話」になる時、「はなし→むかしばなし」になる。「子供」が「双子」は「こども→ふたご」、「詰める」が「缶詰」は「つめる→かんづめ」になる。  このパターンはお分かりでしょうか? つまり「さ→ざ」、「は→ば」、「こ→ご」、「つめ↓づめ」になる。発音しやすいように濁音になるのは容易に理解できるし、元々の振り仮名に点々を付けるだけ、というある一定の法則が見える。ここまでは論理的だし納得できる。  ところがだ。「土地」は「とち」、「基地」は「きち」、「地形」は「ちけい」なるが、「地(ち)」を使った濁音の「地震」「意地」「路地」は、それぞれ「じしん」「いじ」「ろじ」になり、「ち」の濁音の「ぢ」ではなく「し」の濁音の「じ」となる。「地」は「し」とは読まない。  では「ぢ」は無いのか、というと、いやいや立派にある。「縮む(ちぢむ)」、「鼻血(はなぢ)」、「入れ知恵(いれぢえ)」「身近(みぢか)」、「茶屋(ちゃや)」が濁った「三軒茶屋(さんげんぢゃや)」などだ。でもこれらは原形が清音の「ち」から由来しているからおかしくはない。以下の疑問も出てきた。  「中(ちゅう)」も、濁音の「世界中(せかいじゅう)」や「年中(ねんじゅう)」になると「ぢゅう」でなく「じゅう」になる。  同様に「稲」と「妻(つま)」を合わせると「稲妻(いなずま)」だ。「ず」と「づ」は別な発音だったのが、江戸時代に同じ発音になったらしい。  文部科学省の公式ホームページの現代仮名遣い内閣告示第一号(昭和61年7月1日)によると、現代語の意識では二語に分解しにくいもの等として、「じ」「ず」が本則だが、「せかいぢゅう」でも「いなづま」を用いてもよしとある。また以下の「じ」「ず」は漢字の音読みで、もともと濁っているとあり、じめん(地面)、ぬのじ(布地)が例と記載されている。  まだまだ曖昧なルールだが、日本語は、むずかしい、むづかしい! 【長土居政史】

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Comments


bottom of page