top of page

戦争反対表明

 大統領選挙に向け、ヒラリー・クリントンの汚点のひとつは、イラク戦争の決議(The Iraq Resolution)に賛成投票した事実だ。2002年アメリカがイラクに対し軍事行動を起こすことを可決した公法107―243(10/16制定)だ。当時は、ジョージ・W・ブッシュ大統領。ヒラリーはNYの上院議員だった。  総議員(上院&下院)の70%(374名)が賛成、29%(156名)が反対、1%(3名)が棄権した。当時、上院議員だったジョン・ケリー(現国務長官)やジョー・バイデン(現副大統領)も賛成したが、バーモント州下院議員だったインデペンデントのバーニー・サンダースは反対した。  ところで2001年、911惨事発生72 時間後、要旨60 文字数で練り上げた法案がある。戦争やテロに早急に対処する目的のAuthorization for Use of Military Force Against Terrorists(略してAUMF、公法107―40)だ。「911テロ事件に関与した国、組織、個人に対する武力行使の権限を大統領に与える…」。  一人反対した議員がいた。民主党のバーバラ・リー下院議員(カリフォルニア)だ。彼女が懸念した根本的な理由は、内容の解釈があまりにも幅広過ぎて、大統領に権限が偏り過ぎていること、撤退計画や具体的なターゲットなしに慌てて無制限の戦争を開始したら、多くの女性、子供、非戦闘員たちが犠牲になること、過去の戦争の同じ過ちを犯さないこと…などだ。  1941年、アメリカが日本に対して宣戦布告したが、唯一反対したのが、ジャネット・ランキン議員だ。モンタナ州出身の史上初の女性アメリカ議員である。第一次世界大戦やベトナム戦争にも反対。反戦活動、平和主義の理念を生涯貫いた。彼女たちの勇敢な発言、行動は素晴らしい。  AUMF合法化以来、これまで14カ国で37回(ブッシュ大統領の下で18回、オバマ大統領の下で19回)の米軍による軍事作戦が行使された。ウサマ・ビン・ラディンの殺害やドローンによるアルカイダ、ISIS、タリバンなどの指導者たち殺害も含まれる。  次期大統領に、戦争を終結し、平和な国際社会を作り上げてほしい。責任は重い。【長土居政史】

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Commentaires


bottom of page