top of page

山火事の中のヒーロー

 その人には片耳がなく、顔の至るところにはやけどの跡が残っていた。その傷跡は炎の恐ろしさを静かに物語っていた。  以前、取材で向かった式典にロサンゼルス市消防局の隊員が出席していた。ちょうど山火事が発生していた時期で、救援要請にいつでも応えられるよう、彼らが着席していた席の脇には無線機が置かれていた。式典の間中、彼らは逐一無線で連絡を取り合い、表情からは緊張感が漂っていた。  やけどの傷跡が残るその人は隊員の1人だった。おそらくやけどで耳を失ってしまったのであろうと想像した。生々しいやけどの傷跡が残ってもなお、人々の生命を救うため職務を果たしている姿に「ヒーロー」をみた。  消防隊員は危険な状態の中でも炎に立ち向かい消火作業にあたる。特にカリフォルニアは山火事が多い。彼らは常に自然の威力の凄まじさと戦っているのだ。  今まさに南カリフォルニア各地で山火事が猛威をふるっている。ベンチュラ郡の山火事は、地元消防局だけでは消火作業が追いつかず、他州11州の消防当局からも応援がきている。  筆者が北カリフォルニアで学生時代を送っていた時も近隣で山火事が発生した。美しいカリフォルニアの青空は瞬く間に辺り一面が煙に覆われ、空からは灰が降り注いだ。  地元消防当局だけでは火の手を止めることができず、その時もカリフォルニア州各地の消防局から応援がきた。  街のいたるところに「Thank you firefighters」と書かれた垂れ幕や旗が掲げられ、危険な作業に従事する消防隊員に対して、街中から感謝の気持ちが溢れていた。  友人は街で消防車を見かけると、乗車している消防隊員に向かって必ずピースサインを送る。聞けば「Thank you」の意味を込めているという。彼に気付いた消防隊員もすかさず笑顔でサムズアップ(親指を立て「Good」を表すサイン)の合図を返してくれる。日本ではない光景だと思う。市民のため、危険な任務に従事している人に敬意を表す米国のこうした精神は素晴らしいと思う。消火活動にあたってくれているヒーローたちに敬意を表すと同時に、一日も早く山火事が終息にむかってくれることを願う。【吉田純子】

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Comments


bottom of page