top of page

夜の運転は慎重に

 ドカン! 低く鈍い大きな音。真っ直ぐ走っていたはずの車体が左右に揺れ、ハンドルが取られた。あーあ、やってしまった。心臓がキュンと縮まり、無我夢中で、反射的に右脇に停車した。ぶつけた車に走り寄り、中に居た人に、大丈夫ですか、と声をかけるのが精いっぱいだった。  若い男性がぬっと出てきた。運転席のドアを大きく開け、中で何かしていたらしい。僕は大丈夫だけど、ドアがやられたね。ぶつけられても、冷静な相手に、胸をなでおろした。わめかれたらストレスが倍になる。お互いのライセンス、保険証を出し、携帯で写した。こんな時はテクノロジーがありがたい。無機質に処理できる。  その日は朝6時に起き、用事や仕事で一日中走り回った。夕方、親戚と外食し、その後お付き合いで街をぶらついた。身体の疲労と緊張が重なっていた。もう少しで家に着くはずだった。自宅のドライブウエーの3軒手前の路上はいつも両側に数台の大きなバンが停まり道幅が狭まっていた。夜の8時で暗く、黒い車で、等など言い訳したいが、非はぶつけた本人にある。  在米40年の間にチケットはもらっても、事故を起こしたことは皆無だったから、ガックリきた。そろそろ年貢の納め時か。悔やまれてならないのは、ほんのちょっと注意していれば起こさずに済んだ事故だったからだろう。車庫に入れた自分の車は右の鏡が粉々で、電線一本でぶら下がり、右側の車体は真っ白に擦れた跡が凹んだ車体に帯のように付いていた。なんと無残な姿か。車といえども痛々しい。その日は後悔で眠れなかった。  翌朝、やっと、両者ともケガをしなくて幸いだった、と思い直した。運転ができなくなったら、足がないのと同じだ。世間と関わりを持ち続けたいなら、人様に迷惑をかけないよう運転を続けたい。これに懲りずに、恐れず、怯まず、しかし、以前の何倍も慎重に運転しよう。皆さまもどうか十分に気を付けて、運転して下さい。特に夜は。【萩野千鶴子】

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Comentarios


bottom of page