卯月―日本人はおにぎり

 卯月、日本から桜満開のニュースが連日のように届いた。各地の桜の名所はどこも花見客で溢れ、それを取材する側もあらゆる見出しを付けて花の季節を伝える。古今を通じていかに日本人が桜を愛でてきたか、あらためて知る思いだ。  桜の下でピクニックや宴会をするという別の楽しみがあることも、日本人が花見好きな一つの理由かもしれない。平均的日本人にとって屋外でのこうした飲食はこの時期ならではだろう。仕出しや手製の弁当を持ち寄り、晴天の下、時には夜桜を見上げながら、家族や同僚、友人らと過ごす。  そんな時に食べる定番はおにぎり。  コンビニでも手軽に買える国民食といってもいい。豪華な具などなくても、塩だけで十分満足できる。  わが家では子どもの弁当が塩おにぎりだけという時もたまにある。日本人以外の友だちが「スシだ、スシだ」と言って群がるというので、小さめの俵型に握って余分に持たせ、欲しい子がいれば分けてあげるようにしている。  のりも小さめに切って別に包む。のりは食べるときにパキパキがいいか、しっとりしている方がいいか。蓼食う虫も好き好きだ。  ラテン系アメリカ人の知人は、韓国旅行に行った際コンビニで「三角のもの」を買って食べ、それ以来大ファンになったという。韓国でも三角のおにぎりとして売られているのかと、こちらも驚かされた。  小東京ビジネスアソシエーション会長の岡本雅夫さんご夫妻とひょんなことで立ち話になった折、聞いた話が印象的だった。「ランチにおにぎりを持ってくるのは日本人、スパムむすびを持ってくるのは日系人」  なるほど、と思った。私自身、スパムむすびを初めて食べたのはいつだったか。渡米後10年以上たった時にようやくスパムむすびデビューした。その後、見よう見まねでちょっと薄味に作ってみたら、子どもウケは抜群だった。それからというもの、このハワイ生まれのソウルフードを作る機会は格段に増えた。  そうはいっても、やはり10回に1度くらいの割合だ。やはり「日本人はおにぎり」か。【麻生美重】

#国民食 #ランチ #岡本雅夫 #小東京 #日本 #おにぎり #ソウルフード #ニュース #スパム #ピクニック #ラテン系 #卯月 #ハワイ #桜 #韓国 #弁当 #日系人 #宴会 #コンビニ #小東京ビジネスアソシエーション #ビジネスアソシエーション #アメリカ人 #麻生美重 #アメリカ #日本人

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785