伝統か人命か

 「日本の伝統芸能の歌舞伎は女性が役者になれないって聞いたけどそれホント? 今でもそうなの?」  アメリカに来て間もないころ、アメリカ人からこんな質問を受けた。「そうか、そういう捉え方もあったのか―」。日本にいた頃はそんなことを聞かれたこともなかったから、外から見ると別の見方があるということにあらためて気づかされた。  そのアメリカ人はこうも続けた。「芸術を表現するのに男性ならOK、女性はダメっていう差はあるの? それって男尊女卑じゃない? その発想、私たちには理解できない―」  「伝統」という言葉で片付けてしまえばそれまでかもしれないが、今の時代、とりわけアメリカ人からすると疑問符が残る慣習であることは間違いないとその時悟った。  先日起こった女性土俵問題は、アメリカだけでなく各国でも物議を醸している。  京都府舞鶴市の大相撲春巡業で、土俵上で倒れた市長の救命処置を施した女性たちが土俵から下りるようアナウンスされた問題だが、日本の差別を象徴する出来事として報じられている。  ウォールストリート・ジャーナル紙は「相撲や歌舞伎など日本の伝統文化で女性は対等に扱われておらず、日本の男女の不平等さを反映している」と紹介。  ニューヨークタイムズ紙は一連の出来事の一部始終をとらえたYouTubeの投稿動画の再生回数が5日までに80万回を超えたことに触れ、「相撲は日本でもっとも古く神聖なスポーツとされている。しかし女性が土俵に上がることは決して許されない。たとえ人の命が危険にさらされても」と伝えた。  「世界経済フォーラム」が毎年発表している2017年版「男女格差報告」で日本は144カ国中114位だった。16年の111位、15年の101位から年度ごとに順位を下げている。ちなみに米国は49位だった。  伝統は大切だ。しかし、人の命は何よりも尊いと思う。一刻を争う事態の時、人命より大切なものは他にあるのだろうか。もしあの時、迅速な救命措置がとられていなかったら、最悪のシナリオも頭をよぎる。「あの時、こうしておけば良かった―」。命に関わる事態の時、その後悔の言葉は通用しない。【吉田純子】

#伝統 #芸術 #日本 #男女格差報告 #スポーツ #ニューヨークタイムズ #舞鶴市 #男性 #土俵 #男尊女卑 #吉田純子 #ウォールストリートジャーナル #京都府 #伝統芸能 #相撲 #歌舞伎 #救命措置 #シナリオ #アメリカ人 #女性 #大相撲 #人命

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785