top of page

マイレージプログラム発案者

 ラスベガス、シカゴ、サンフランシスコと久しぶりに3連続出張をこなした。どの旅路も異なる航空会社だった。浅ましくも全て同じエアラインだったら得したのに! と正直思ってしまった。マイレージ・プログラム(英語ではFFP、Frequent Flyer Program)が脳裏から離れなかったのである。もちろんポイントをため、やがては無料航空券などさまざまな特典が得られるが、何よりもステータスが上がり搭乗の際に長い列に並ばずに早めに乗れるメリットが魅力だ。  現在ではどこでも普及しているいわゆるポイントサービスだが、感心するほど「顧客に還元させる」うまい仕組みだ。顧客が利用したがる動機をそそる。クレジットカード会社とコラボしてボーナスポイントが増えたり、宿泊券、食事券、映画鑑賞券、雑誌購読やオンラインショッピングなどあらゆる用途へと展開した。ちなみにユナイテッド航空のプログラムで最多ポイント商品を調べると230万5500点でローランドの革新的デジタルVグランドピアノが出てきた。  ところで発案者は一体誰か? 諸説あるが大まかな見解はこうだ。最初に確立したのは、1981年5月にアメリカン航空のようだ。航空業界の自由化政策に伴い競争が激化し、顧客確保に躍起になってマーケティング戦略を模索した。当時の社長ボブ・クランダールによる説から、実は広告代理店DDB社の創立者の一人であるビル・バーンバックが発案者という説もある。常連客を待遇するアイデアを取り入れたが、すぐには軌道に乗らなかったらしい。しかしそのコンセプトを基盤に幾度も練り直し、コンピューターの発達に伴って最終的にAAdvantageのプログラムを作り上げた。  ではそもそも、その代理店の発想はどこから? クライアントの銀行が、新たに口座を開いた顧客にトースターや電気毛布を与えるプロモーションを実施し大成功した。そのアイデアに目を付けたのである。  今後もサービス向上を期待する。理想は全航空会社のマイレージを一つにまとめて使えるようになればありがたいのだが…。そうなれば、もう列に並ばなくて済む近道となる。【長土居政史】

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Comments


bottom of page