top of page

ホームメイドレシピ

 お手製らしい金柑ジャムが送られてきた。拙書をお送りしたお礼である。英語書きのレシピが添えてあり、手紙にはこうあった。  この金柑ジャムはことの外、評判が良い。作り主は最近このジャムを作っている途中で体調を崩し、お嬢さまがベッドに寝た母親から聞き取りをして、レシピを書き残すことが出来た。そのレシピを頂いたので、あなたにも差し上げます、とあった。その方はその後亡くなられたというから、遺言ともなったレシピだった。  その金柑ジャムは一口舌にのせると、金柑のあの酸っぱい味を残しながら、自然の濃厚な甘さのオレンジが加えられたなんとも言えないまろやかな味だった。甘みがとろりと口に広がり、たくさんの人に愛されるわけだと納得した。レシピを読むと、作り方は何段階にも手間隙がかけられている。美味しいジャムを作りたい、待っている人を喜ばせてあげたい、そういう気持ちがなければ出来ないレシピだった。長年改良し、このレシピに行き着いたのだろう。  何かの集まりの時にポトラックで得意料理を持ち寄ることが多い。この習慣は女性たちを鍛える。自分の手料理を皆が喜んでくれるだろうか、結構ドキドキするものである。料理がなくなると胸を撫で下ろし、売れ行きが悪いと何が悪かったのだろうと反省する。そして段々と自分の定番料理が出来てくる。  レシピを聞かれた時は気持ちよく教えるのがマナー。教わった人は誰のレシピであるかをきちんと伝えるのもマナー。こうして社交の場が広がる。教えてもらったレシピの一つで重宝しているものもある。お好みの野菜を醤油、酢、サラダ油を調合したものを熱く煮立たせ3回注ぎ、その後は一夜漬けにするだけ。とても簡単で、美味しく、野菜もたっぷり摂取できる。名前は「マリー漬け」なんとなくしゃれている。駐在員の奥さまが夫が行きつけのバーのマダムから教わったレシピだとか。  もらったレシピで料理を作りながら、作り手に感謝し、自分もこのレシピを伝えて行こうと思う。会ったことのない人と人とが密かにつながる。【萩野千鶴子】

1 view0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Comments


bottom of page