イケメン和製ベーブ・ルース

 野球の神様と崇められるベーブ・ルース。日本から海を渡り、春のキャンプで米メディアに「日本のベーブ・ルース」と例えられたのは、お腹の出たズングリとした体でもブルドッグのような愛嬌のある顔でもない。193センチという日本人離れしたスラッとした体型と、端整な顔立ちは似ても似つかない。その選手は、ルース以来約100年ぶりに本格的な投打の二刀流で鳴らす大谷だ。  ルースといえば、元巨人の王さんがルースの本塁打記録を破った際に初めて知った人も多いことだろう。逆に投手と掛け持ちしていたことを知る人は少なく、大谷の活躍でそのことを知った人は多い。  野球博物館の動画で、ルースの投球を見たことを思い出した。野手には投げることができない鋭い変化球と制球を持っていて驚いた。大昔と今を比べるのは無理があるものの、その頃は球速の記録はないが、速球は今よりも遅く、変化球はカーブくらいしかなかったのではないだろうか。だが今は5、6種類の変化球に100マイルの剛速球の時代。それを投げては2桁三振を奪い、打っては落差のある打ちづらいチェンジアップをホームランにしてしまうのが大谷のすごさだ。  キャンプでは投打ともに調子が上がらず、米メディアは「日本のベーブ・ルース」を懐疑的に伝えていたようで、ファンも半信半疑だった。だが、開幕戦は先発DHでメジャー初打席の初球を狙いすましヒット。地元開幕からは、3戦連続ホームラン。マウンドは、初登板初勝利、地元初登板でも完全試合を期待させる快投を演じて2連勝を飾った。  ア・リーグ週間MVPに輝く大活躍に米メディアは手のひらを返し絶賛、地元ファンは活躍のたびに総立ちのオベーション。開幕前は不安だったわれわれ日本人ファンは、日本の野球が侮られることなく、ホッとしていることだろう。  ルースのように1シーズンで2桁勝利、2桁ホームランを記録すれば、二刀流大谷の真価は高まるだろう。性格のいいイケメン和製ベーブ・ルースの活躍に、ファンは夢を膨らませる。【永田 潤】

#永田潤 #日本 #MVP #イケメン #完全試合 #アリーグ #野球 #変化球 #巨人 #ホームラン #ベーブルース #大谷翔平 #メジャー #キャンプ #ブルドッグ #野球博物館 #日本人 #カーブ

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785