top of page

アメフトを見に行こう

 アメフト(アメリカン・フットボール)のシーズンたけなわだ。アメフトにはプロリーグ(NFL)や大学リーグなどがあり、世論調査によるとアメリカ人が観戦を好むスポーツ中継の半分近くを占めるという。私も試合のルールなどそれほど詳しくないが、その躍動感と迫力には圧倒される。  私がこのロサンゼルスへ日本企業の駐在員として赴任したのは30年ほど前だったが、私の上司の社長(日本人)は会社を訪問する日本からの来客から、「この近くで、もっともアメリカらしいと感じる場所はどこへ行けば見られますか?」と問われると、いつも次の3カ所をあげていた。それは(1)ロングビーチ港にある大型木造飛行艇(Spruce Goose)(2)ラスベガス体験(3)アメフトの試合の観戦だった。  (1)の「スプルース・グース」とは、第二次大戦終了直後に製作され、実際に試験飛行で飛んだ超大型の飛行艇で、現在はオレゴン州へ移されているが、とにかく大きく、翼幅は今のジャンボ機よりも長いのだ。アメリカ人の気質のひとつである『大きいことはいいことだ』ということがよくわかるという意味だ。(2)ラスベガスはいわずと知れたカジノ、エンターテインメントの街で、ここではすべては『マネー』が優先し、モノをいうことを知る。  そして(3)のアメフト観戦だが、これはド派手でいかにもアメリカ生まれのスポーツといえ、さらにクオーターバック(QB)というポジションがチームの司令塔となり、試合中、冷静な判断力、正確なパス能力、チームを引っ張るリーダーシップが強く求められ、アメリカの企業でいえばCEO(最高経営責任者)に相当する。アメリカではQBやCEOという実践的で強いリーダーが必要だということなのだ。  右記3要件のうち(1)のスプルース・グースはすでにロングビーチ港にはないので見に行くには大変だろう。(2)のラスベガスはどなたもご存知だろう。もうひとつ(3)のアメフト観戦については、まだだったら、アメリカを知る意味でも、この時期に機会を作ってぜひ実行してみてはいかがだろうか。 【河合将介】

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Comments


bottom of page