top of page

さわやかな女の花道

 「真央ちゃん」と親しみを込めて応援された国民的ヒロイン、フィギュアの浅田選手が現役を退いた。「お疲れさま」「感動をありがとう」など、贈る言葉が多く、同感する半面、一度たりとも滑る姿を見ることができなかった私には心残り。  大技のトリプルアクセルという女子で跳べる選手は少ない3回転半ジャンプを鮮やかに決めるトップアスリートでありながら、しなやかで華麗な演技を披露するバレリーナのような芸術性を兼ね備えた数少ない選手だった。トリプルアクセルの助走に入る時は、ハラハラしながらテレビの画面に見入り、成功を祈ったものだ。  15歳から世界の大舞台で活躍。輝かしい戦績を調べてみると、勝ちっぷりがいい。世界選手権、グランプリファイナル、全日本選手権は、それぞれのほとんどで表彰台に乗っている。唯一勝つことができなかったのが五輪。15歳だった2006年は、規定の年齢に数カ月達せず出場できなかった。初めての10年は銀、14年は6位。06年の五輪前の大会では、同五輪の金メダリストの荒川選手を破っていただけに、出ていれば…。  14年の五輪後に1年休養し復帰した。来年の3度目の五輪を目指したが、精彩を欠き、昨年12月の全日本は12位に終わたことで引退を決めた。2月に最終決断したという。発表まで2カ月たったのは、他の選手に配慮し、羽生が優勝した世界選手権後と決めていたのだろう。  記者会見をビデオで見たが「フィギュアは私の人生」と表現し、「すべてを出し切った」「悔いはない」「晴れやかな気持ち」などと、笑顔で話した。ジャンプを跳ぶ軸足を痛めてたという。ぼろぼろになる前に、惜しまれながら、競技者としてリンクを去り、さわやかな女の花道を見せてもらった。  「日の丸を背負う」という言葉をよく聞く。国を代表する責任感を持ち、その重圧を跳ねのけ、強くなる。しかし、浅田選手は、そういうタイプではなかった。  少女時代から天真爛漫で、大人の滑らかな滑りに進化させても、子どものように愛想を振りまき、人柄のよさから、すべての人に愛されたのだろう。スケート以外の人生でも、そのままであってもらいたい。【永田 潤】

0 views0 comments

Recent Posts

See All

熱海のMOA美術館に感動

この4月、日本を旅行中に東京から新幹線で45分の静岡県熱海で温泉に浸かり、翌日、山の上の美術館で北斎・広重展を開催中と聞き、これはぜひと訪れてこの美術館の素晴らしさに驚き魅せられた。その名はMOA美術館(以下モア)。日本でも欧米でもたくさんの美術館を見たがこれは 所蔵美術品の質と数の文化的高さ、豊かな自然の中に息を飲むパノラマ景観を持つ壮大な立地、個性豊かな美術館の建築設計など卓越した魅力のオンパ

アメリカ人の英国好き

ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が華やかに執り行われた。米メディアも大々的に報道した。  花嫁がアメリカ人であるということもあってのことだが、それにしてもアメリカ人の英王室に対する関心は異常としか言いようがない。  なぜ、アメリカ人はそんなにイギリス好きなのだろう。なぜ、「クィーンズ・イングリッシュ」に憧れるのだろう。アメリカはすでにイギリス系が多数を占める国家ではない。いわゆるア

野鳥の声に…

目覚める前のおぼろな意識の中で、鳥の鳴き声が聞こえた。聞き覚えがない心地よい響きに、そのまま床の中でしばらく聴き入っていた。そうだ…Audubonの掛け時計を鳴かせよう…  Audubonは、全米オーデュボン協会(1905年設立)のことで、鳥類の保護を主目的とする自然保護団体。ニューヨークに本部がある。今まで野鳥の名前だと思っていたが、画家で鳥類研究家のジョン・ジェームス・オーデュボン(1785

Comments


bottom of page